FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カトマンズのおはなし 12 読書の時間  - 2013.07.15 Mon

日本ではマンガ以外はあまり本を読まない方だが海外では読める本なら何でもよいというかんじだ。海外では主に日本人宿で日本のマンガや小説を読むことになる。でもここカトマンズではアパート暮らしということもあるが、宿ではなく日本食屋でマンガなどを読んでいた。ただ例外がある。それはデモだ。

明日から2〜3日デモがあるらしい、という情報がぼくの耳にも入ってきたので日本語の本が置いてある古本屋へと向かった。

マオイスト(ネパール共産党毛沢東主義派)のデモだ。前にもマオイストのデモはあったが1日で終わっていた。あれが2〜3日も続くのは厄介だな。

政治的なことは良く分からないが、マオイストによるデモがある日は旅行者にとってだいぶ迷惑ということだけはハッキリと分かる。
マオイストのデモ隊とのトラブルを避ける為らしいのだが、街中の多くの店がシャッターを下ろし、公共の乗り物も機能しなくなってしまうからだ。あらゆる店がほとんど閉まってしまう為にいつもの活気はなくなり街を歩いてもつまらない。食べるものにも困ってしまう。本当に厄介だ。

中国国内では土産物屋から銅像、TVドラマにお札と毛沢東を目にしない日は無かった。そんな大人気の毛さんはネパールでも支持されているみたいだ。


そういう訳でデモのある日は本でも読むしかないのだ。だから古本屋で本を選ぶことになる。選ぶと言っても当然それほど選べるわけでもないのだが。


翌日、予定通りデモは始まったみたいだ。デモ隊はタメル地区には来ない。でも、店は閉まり、通りは静かになる。だからデモが始まったことが分かる。こうしてぼくの読書の時間が始まる。

                        
                        2009年 旅日記 カトマンズより



  IMG_0172.jpg
                                            © Seiji Yokoshima


ホームページ 
http://www.snapla.jimdo.com/

 人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fxst99.blog25.fc2.com/tb.php/227-f48574ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カトマンズのおはなし 13 シャワーの時間 «  | BLOG TOP |  » カトマンズのおはなし 11 聖地で生きる

プロフィール

せーじ

Author:せーじ
自分のまわりで起こったこと、
思ったことなどを書いています。


写真集
BLINK MEMORIES - La Habana

 DPP_0001.jpg

価格 ¥1,944 (税込み)
アマゾンから購入できます。
⬇⬇⬇
Amazon 


ホームページ
http://www.snapla.jimdo.com/


旅跡
2018
 カサブランカ・モロッコ

2017
 プノンペン・カンボジア

2016
 メキシコシティ・メキシコ

2015
 イスタンブル・トルコ

2014
 ハノイ・ベトナム

2013
 プラハ・チェコ

2012
 上海・中国

2011
 ハバナ・キューバ

2010(年末)~11(年始)
年末年始を宗谷岬でキャンプ。
宗谷岬まで真冬の北海道を
スーパーカブで走る。
北海道

2009~10
約9ヶ月、バックパックを背負ってアジアをまわる。
中国、ネパール、インド

2003~04
ハーレーダビッドソンで南北アメリカ大陸縦断、約6万kmを走る。
カナダ、アメリカ、メキシコ、グアテマラ、ホンジュラス、 ニカラグア、コスタリカ、 パナマ、コロンビア、エクアドル、 ペルー、ボリビア、アルゼンチン、チリ

カテゴリ

上海のおはなし (7)
ハバナのおはなし (16)
デリーのおはなし (16)
カトマンズのおはなし (22)
中国のおはなし (34)
旅のおはなし (169)
この頃のおはなし (30)
未分類 (0)

FC2カウンター

ランキング

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

月別アーカイブ

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。